透析看護師のデメリットとは?

透析治療に看護師が少ない理由とは?



透析治療とは腎不全の患者さんのための治療です。透析治療を受けている患者さんは、腎不全だけでなく、他の疾患も同時に抱えている合併症の人が多くいます。
准看護師、転職でお給料をあげよう!

透析医療は透析治療だけでなく、合併症の予防や、早期発見、そして食生活などの管理やメンタルケアまで行います。治療して治せばいいというわけでなく、患者さんの全てに関して、医療を提供していくのです。

しかし、看護学校では透析治療について、学ぶ機会がほとんどないため、看護師自身がどのようなものか知らない人も多いのです。また、現在では技術の発展により、機械が安全に透析治療を実施してくれますが、ひと昔前はそうではありませんでした。

昔の透析治療機器は、やたらと警報が出たりして、臨床工学技士とともに看護師も機械の対応に追われていたのです。そのため、透析医療とは機械で血液を綺麗にする医療であり、そこで働くということは、機械の操作が主な仕事となるというイメージが浸透してしまいました。

未だにそのようなイメージが抜けないのは、機械の進化に追い付いていない施設があるからなのです。 医療機器の中でも、進化が凄まじい透析治療では、時代の流れに乗って施設も進化していかなくてはなりません。

しかし、流れに乗れずに、昔の機械のままで、機械操作ばかりで看護師なのに看護の仕事が無い施設もあるのです。また、さまざまな合併症を抱えている患者さんが多いことから、対応が難しい患者さんが多いのではというイメージも持たれているようです。

それも透析治療の看護について理解をされていないからであり、認知症の方の看護や、精神科の患者さんなど、きちんと理解をすることで対応できるようになることと同じです。だから、ちゃんと理解をすれば、特別難しいというわけではないようです。

このようなイメージから、透析医療の現場で働く看護師は、まだまだ少ないです。周りの誤解をとくためには。まずは自分の誤解からとかなくてはなりません。他の診療科と少し違う部分も多いかもしれませんが、それはとてもよい経験になりますし、思い切って透析医療の現場へ出てみるのも良いのではないでしょうか?

看護師の雇用形態ごとの悩みとは

看護師は様々な働き方を選択することができます。 職業によっては常勤以外だと働きにくいところもあるのですが、看護師の場合は常勤だけではなく、非常勤といった働き方も魅力があります。

ですが、働き方によって悩みが違うのでよく確認しておきましょう。

まず、常勤として働く場合の悩みは何なのでしょうか。 ここでは大きな問題として夜勤と人間関係の問題が考えられます。

常勤スタッフとして働いていたものの、どうしても夜勤が体に合わず辞めてしまったという方もいるようです。 ただ、この場合は仕事を辞めるのではなく日勤のみで働くことができないか職場に相談してみるのも良いでしょう。

ただ、他の看護師がみんな夜勤をしているのに、自分だけ日勤を希望するというのはなかなか難しいかもしれません。 こういった場合は、夜勤のない職場への転職を検討してみるのもおすすめです。

人間関係の問題は実際に働き始めないと分からないところも大きいですよね。 しかし、看護師専門の転職支援サイトを利用すれば、病院の内部事情について詳しく確認することができます。人間関係の問題に悩んで転職したことがあるという方は、転職支援サイトに相談をした方が良いでしょう。

続いて非常勤の悩みとして多いのは、給与の低さに関することです。 非常勤といえば毎日ではなく週に数回という形での勤務になるため、常勤に比べて給与が低いというのは残念ながら仕方がない問題だといえるでしょう。

ですが、職場によっては非常勤だったとしても常勤並みに稼げるような職場もあるため、できるだけ高条件の職場を探すために転職を検討してみるのもおすすめです。

最後に、パートやアルバイトはどのような悩みを抱えがちなのでしょうか。 看護師といえば非常に安定した職業として知られていますが、パートやアルバイトとして働く場合には、将来性の面でデメリットが多いといえます。

今は良くても将来的に不満…という方も多いようですが、パートやアルバイトだったとしても安定して稼げる職場もあるのでそういったところを探してみると良いですね。

看護師転職をしたときに入職条件が違っていたら?

かなり条件の良い職場を見つけて転職したのに、いざ働き始めてみると条件が先に説明されていたものと全く違っていたというトラブルは珍しくありません。 ですが、前の職場をすでに辞めている方の場合、条件が違っていたという理由ですぐに退職も決意することは難しいかもしれません。

そこで、こういったトラブルに遭わないためのポイントや対策などについてご紹介しましょう。

まず、面接に行った際には口頭で様々な説明が行われます。 ここでただ聞くだけでは自分の勘違いということもあるかもしれないため、しっかりメモを取っておきましょう。

特に給与額や休日に関すること、福利厚生に関することなどはしっかり確認しておきたいところです。 説明をする面接官側としても、相手にメモを取られているということが分かるわけなので、丁寧に間違いのない説明をしてくれます。

また、求人票を用意し、その病院のホームページに掲載されている求人の内容と同じかどうかも確認しておいた方が良いですね。

例えば、ホームページの方には基本給が23万と書かれていたのに面接の方で20万円と説明されるケースもあるようです。 こういった場合にはしっかり説明を求めましょう。

基本給としておきながら、あらかじめ残業代を含んだ金額を算出している所もあるため、このあたりは注意しておきたいですね。

転職をした後に話が違うというトラブルを避けるためには、看護専門の転職支援サイトを利用するのがおすすめです。 転職支援サイトには専任のコンサルタントの方がいるため、こういった相談にも乗ってくれます。

また、第3者として間に入って話をしてもらうこともできるため、事前に条件について確認するなどの対策も取ってくれるのです。

そもそも入職後に条件が違っていた場合は泣き寝入りをするのではなく、しっかりと対策を取らなければなりません。 事前に聞いていた条件と違うので確認して欲しい、ということを伝えれば対応してくれる病院もあります。

それでも無視されるような場合はブラック病院と判断し、早めの転職を検討した方が良いかもしれませんね。