透析看護師のデメリットとは?

透析治療に看護師が少ない理由とは?

透析治療とは腎不全の患者さんのための治療です。透析治療を受けている患者さんは、腎不全だけでなく、他の疾患も同時に抱えている合併症の人が多くいます。
准看護師、転職でお給料をあげよう!

透析医療は透析治療だけでなく、合併症の予防や、早期発見、そして食生活などの管理やメンタルケアまで行います。治療して治せばいいというわけでなく、患者さんの全てに関して、医療を提供していくのです。

しかし、看護学校では透析治療について、学ぶ機会がほとんどないため、看護師自身がどのようなものか知らない人も多いのです。また、現在では技術の発展により、機械が安全に透析治療を実施してくれますが、ひと昔前はそうではありませんでした。

昔の透析治療機器は、やたらと警報が出たりして、臨床工学技士とともに看護師も機械の対応に追われていたのです。そのため、透析医療とは機械で血液を綺麗にする医療であり、そこで働くということは、機械の操作が主な仕事となるというイメージが浸透してしまいました。

未だにそのようなイメージが抜けないのは、機械の進化に追い付いていない施設があるからなのです。 医療機器の中でも、進化が凄まじい透析治療では、時代の流れに乗って施設も進化していかなくてはなりません。

しかし、流れに乗れずに、昔の機械のままで、機械操作ばかりで看護師なのに看護の仕事が無い施設もあるのです。また、さまざまな合併症を抱えている患者さんが多いことから、対応が難しい患者さんが多いのではというイメージも持たれているようです。

それも透析治療の看護について理解をされていないからであり、認知症の方の看護や、精神科の患者さんなど、きちんと理解をすることで対応できるようになることと同じです。だから、ちゃんと理解をすれば、特別難しいというわけではないようです。

このようなイメージから、透析医療の現場で働く看護師は、まだまだ少ないです。周りの誤解をとくためには。まずは自分の誤解からとかなくてはなりません。他の診療科と少し違う部分も多いかもしれませんが、それはとてもよい経験になりますし、思い切って透析医療の現場へ出てみるのも良いのではないでしょうか?