臨床経験を強みに転職に挑みましょう!

看護師経験3年-臨床経験をアピールして目指す転職を果たそう!

看護師として働いてきた人にとって3年というのが、ひとつのターニングポイントのようです。「石の上にも3年…」と頑張ってはみたものの、色々な理由から転職を考え始める人が多くなるのが3年を過ぎたころです。

「先輩や上司が厳しく一緒に仕事をするのに疲れた」とか「自分のことで精いっぱいなのに後輩の指導まで任される」などの人間関係の問題や、「業務内容に見合った収入が得られていると思えない」、「残業が多くプライベートを楽しむ時間がとれない」など待遇や勤務条件に対する不満も多いようです。

「そのうち何とかなるだろう…」と、なんとか自分を奮い立たせて仕事を続けて来たけれど、明るい兆しは全然見えず、かといってこのまま続けていくにはストレスに押しつぶされそう。転職も考えてはみるものの、たかが3年の経験でそううまくいくのだろうかという不安も当然あるでしょう。

3年目の看護師というのは、そのような様々な葛藤を抱えつつ勤務しているようです。あなたはどうですか?

しかし、「看護師としての経験が3年でも、必ずしも転職に不利なことばかりではない」としたら、どうでしょう?それでも今の職場で仕事を続け、転職に二の足を踏みますか?それとも「えっ?そうなの?」と思った人にとっては、今こそチャンスといえるのではないでしょうか。

新しい環境で、看護師としての新しい自分に挑戦してみることも、決して無駄なことではありません。「これまでの3年を土台として、さらに頑張ってみよう!」とか「これを機に仕事の幅を広げたい」と思う人には転職は向いているかもしれませんね。

確かに医療の現場では、3年という経験は未熟の域かもしれませんが、きちんとした前向きな目標があっての転職であればなおさら、経験不足が不採用になる理由にはならないでしょう。

また3年という経験が短いとはいっても、採用する側にとっては全くの新人よりは間違いなく重宝されます。それが病院であろうと、それ以外の施設であろうとヤル気があると認めてもらうことができれば、歓迎されること間違いなしです。

経験が短いこと、まだ経験したことのない分野がいくつもあることを率直に伝え、そのうえで、3年という「臨床経験」があることを武器に、より希望の条件に近い職場を目指しませんか?