3年目看護師がアピールすべきポイントとは?

看護師3年目での転職-ヤル気のアピールで希望の職場をつかもう!

看護師としてはまだまだ経験の少ない3年程度で転職する人の理由として多いのは、これから自分の目指す看護師像が明確になったことやキャリアアップのための資格取得に理解があること、看護師を続けていくうえで待遇の改善を求めてという場合が多いようです。

転職する理由としてはネガティブと受け取られがちな人間関係よりも、前向きで採用されやすいといえるのではないでしょうか。3年ぐらいで転職を希望する看護師で雇用する側に魅力的に映るのは、まずヤル気を感じられ、長く働いてくれそうで、他者とのコミュニケーション能力の高い人です。

確かに3年という時間は看護師のキャリアとして決して長いとはいえませんし、「転職するにはちょっと早いかな…」と迷うところでもあるでしょう。しかし、逆に3年も同じ職場で働けばそこが自分を活かせる場であるか否か、長く働いて自分がキャリアアップできるかが判断できます。

これからも看護師として働いていくのであれば、少しでも自分が成長できる職場を選んで当然です。まずは、自分自身が転職を前向きなものとしてとらえることが大切なのではないでしょうか。

採用する側としても、転職の理由は一番気になる点のはずです。前の職場を辞める、もしくは辞めた理由が人間関係だったり、ましてそれが本人が起因していることであれば、採用する側としても二の足を踏むことになるでしょう。

職場の雰囲気を悪くすることにつながったり、同様のことが原因でまたすぐに辞めることになりはしないかと、相手に不安や警戒心を与えてしまうことにもなります。そう考えると「長く働く意思」や「コミュニケーション能力」をアピールすることが、その不安を払拭することにつながります。

転職を考えるということは、何かしら思い通りにいかないことがあってのことでしょうが、それを面接のときにあれこれ要求すると、自分勝手な人という印象を与え採用されるのは難しくなってしまいます。

3年という比較的早い時期に転職するのであれば、できるだけ希望の条件に近い職場を探しましょう。その職場をみつけ、ヤル気をアピールして採用されることが、長く安定して仕事を続ける秘訣といえます。