次はどんな仕事にチャレンジしてみる?

看護師の資格を活かして転職-クリニック、大病院、治験コーディネーター、高齢者施設などで働く

看護師という職業は、その大変さからも人材不足が長く続いている仕事のひとつで、実際に働いてみて、はじめて激務だということが身に染みる人も多いようです。それだけが理由ではないでしょうが、転職率や離職率が高く、同じ職場にずっと留まって働く人にくらべて転職もしくは離職する人が多いのも事実です。

しかし、看護師という資格を活かしてして転職する場合、色々な選択肢があります。これから、病院に限らず看護師資格を活用してどのような職場で働けるかを一緒に見ていきましょう。

「毎日慌ただしく、息つく暇もないほど次から次へとやることに追われての仕事はもう嫌だ!」と考えて転職するなら、クリニックが向いているでしょう。ほとんどの場合夜勤もありませんし、診療の補助的業務や採血といった仕事が中心になるからです。

これまでに3年ぐらいの臨床経験があれば、業務に支障をきたすことはないかと思います。入院病床のある大きな病院にくらべ、体力的にもハードさはないといえるので細く長く勤務するにはちょうどいいかもしれません。

しかし、いずれはもっとバリバリ働きたいと考えているのであれば、それなりのスキルを維持できる職場への転職をおすすめします。看護師としてもっと成長したい、より多くの収入が欲しい、有給休暇だけでなく、出産育児休暇や介護休暇の取得してでも働き続けたいというなら大学病院や総合病院を視野に入れて考えましょう。

また、国公立の病院も収入面や福利厚生面ではおすすめといえます。 規模が大きければ大きいほど診療科や設備が整い、多くの症例が集まるためスキルアップをはかることができ、休暇や寮、託児施設などの福利厚生もきちんとしている病院が多いからです。

希望すれば当然夜勤もあるでしょうから、収入面でも高給が期待できます。病院での看護ではなく一般企業でも看護師の資格は役に立ちます。たとえば治験コーディネーター。

これは医療機関において、、臨床研究を実施する医師、製薬会社や被験者を支援し、医療機関内の多くの部署との連携など、新薬の臨床研究実施に必要な調整役という業務を担います。実際の医療現場をよく知っている看護師にはピッタリの仕事といえますね。

ただ、大きな病院での看護師とは違った意味でバリバリ働きたい人に向いているでしょう。スーツを着てパソコンを片手にといった仕事を経験してみたい人には挑戦してみる価値があるかもしれませんね。

病院や一般企業以外では、デイサービスや訪問看護、あるいは高齢者施設などがあります。ただ、どの職場にも医療スタッフが少なく、専門的な立場からとっさの判断を求められる可能性があることから、中堅以上の看護師の転職が多い職場といえるようです。

しかし、職場によっては研修を重ねたり指導を受けることを前提に採用するところもあるので、チャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか?