5年目看護師の転職における武器とは?

看護師転職-5年目のスキルと素直さが、転職の最大の武器になる!

看護師も5年目ともなれば、チームリーダーが任されるようなスキルが身についていると判断される時期といえます。つまり看護師として5年が経過するということは、「特に指示を受けなくても一通りの仕事が出来る」と周囲に思われるということなのです。

職場の人間関係にも慣れ、仕事のうえでは医師との連携も迅速かつスムーズに行えるようになり、給料もそれなりに上がって、このままいけば責任ある役職を任されてもおかしくないような立場にいるのが勤続5年目の看護師ともいえますね。

それでは、だいたいの仕事をこなすスキルもあり、待遇にもこれといって不満がない中で転職を考えるというのには、どんな理由があるのでしょうか?

まずは何と言っても、自己実現できる職場を求めて転職するケースが多いことです。キャリアアップやスキルアップのために、新しい環境で新しいことにチャレンジしようと考える看護師の多くが経験年数5年目なのです。

働き慣れた職場で、そのうえこれといった不満がないのであれば当然居心地は良いでしょう。ですから、新しい環境に飛び込もうと決心するだけでもかなりの勇気が必要になります。

しかし、人間としても看護師としてもある程度の経験があり、いろいろな意味でバランスのとれた5年目だからこそ、転職にはもってこいといえるのです。ちなみに、同じ5年目でも特に30代半ばくらいまでの年齢なら、より転職しやすいようです。

5年目の看護師はスキルや知識が身に着いているのはもちろんですが、それ以上に高く評価されるのは「癖と過信が少ない」という点です。3年目のような迷いがないうえ、ベテランのように絶対の自信を持っているわけでもないことから、経験と素直さの両方をもっている5年目はとても重宝な存在といえるからです。

新しい環境に柔軟に対応でき、即戦力としてすぐに現場に出ることが可能で、体力的にも問題のない5年目の30代半ばの看護師には多くの求人があります。これから自分が目指す看護師になるために、大きな一歩を踏み出すのが5年目なのではないでしょうか?